国内外のニュースや旬な話題、生活情報

映画「二百三高地」のエンドロールには泣けた。。。

佐藤允のテキヤ講談師姿がいい
新沼謙治の豆腐屋姿もいい

昭和の名優
丹波哲郎
仲代達矢
三船敏郎
って凄い
迫力満点です

君の祖国は日本と呼ばれる
皆さん日本人に生まれた事に
誇りを持ちましょう

新沼謙治が
豆腐を売っているところで
泣けてしまいます・・・

この時の
乃木大将の涙が全てを物語っているようです。
その乃木大将の泣き方がかっこいい。。。
これが男の泣き方か。。。

入れ墨さんと新沼謙治だけでも
無事帰ってきて市井の生活を取り戻せたのは、、、
ホント涙が出ます。。。

この戦争で
ロシアをとりまく沢山の国が、
親日になったのですね。
先人の魂の上に、
私達の幸せが有ることを
感謝仕切れないほど感じます。
当時の世界情勢の中、
愛しい故郷や国土や家族を守ろうとして
散っていった人々の心が美しく有難く、
そして儚くかなしいのです。
それは戦争美化でも
政治的思想でもないのです。
平和運動の美名の元に
それを利用曲解
先祖を陥れる許し難いし真実
現在の学校教育現場には
あってはならないのです。

隣国人や左翼が流した
日本への冒涜を
この時代の人たちが見たら
どう思うでしょうか